Generated at Fri, 13 Dec 2019 23:57:44 GMT exp-ck: undefined; xpa: ;
Electrode, Comp-719539878, DC-prod-az-southcentralus-13, ENV-prod-a, PROF-PROD, VER-19.1.31, SHA-771c9ce79737366b1d5f53d21cad4086bf722e21, CID-c03e1116-b1a-16f01b25d1b99e, Generated: Fri, 13 Dec 2019 23:57:44 GMT

スマイル - eBook

$3.16$3.16
Digital delivery to your
or Kobo eReader
<p><strong>この年になると、若い頃の後悔ばかりが頭をよぎる。</strong></p> <p><strong>そして、やたらと不思議なことに遭遇する。いい年して、奇跡というものを信じたくなる。</strong></p> <p><strong>もしかして、あれもそうだったのか。</strong></p> <p><strong>当時、俺はアメフトのスタジアムの警備員として働いていた。</strong></p> <p><strong>そして、ある日の夜、仕事帰りのパスカック・バレー線のセーカス・ジャクソン行きの電車の中で、見知らぬ少女に声をかけられた。</strong></p> <p><strong>「おじさん、ニーノでしょ。ジャズ・ミュージシャンのニーノ・ウイリアムズ」</strong></p> <p><strong>俺は困惑した。ジャズ・ミュージシャンだったのは今から30年も昔のことで、今の俺の知り合いでも知っている奴は、ほとんどいなかったからだ。</strong></p> <p><strong>「私はキャロル。それじゃ、またね」</strong></p> <p><strong>名前も顔も心当たりがなかった。</strong></p> <p><strong>そして少女は、電車を降りて、そのまま群衆の中に消えていった。</strong></p> <p><strong>次に少女と出逢ったのは、それから10日後のこと。</strong></p> <p><strong>場所は自宅近くの教会のチャペル。そこで腕組みをしながら目を閉じて、時間を潰していると声をかけられた。</strong></p> <p><strong>「おじさん、こんにちは」</strong></p> <p><strong>それから俺達は、馴染みのカフェに行った。</strong></p> <p><strong>すると、少女はそこで思いもかけないことを告げた。</strong></p> <p><strong>少女はかつて俺が本気で愛したジュリエットの娘。</strong></p> <p><strong>ジュリエットは1週間後のクリスマス・イヴに難しい手術を受けなければならない、と。</strong></p> <p><strong>そして、それまでは面会謝絶で、手術が終えるまで会えない、のだと。</strong></p> <p><strong>だから、手術の当日、病院の外から歌を歌って母親を励ましたい。</strong></p> <p><strong>そのためにも、ニーノトリオを復活させてほしい、と。</strong></p> <p>**ニーノトリオはかつてアメリカのみならず、世界中で活躍した伝説のジャズトリオだった。**<strong>ピアノの俺の他、ウッドベースのセス、ドラムのロバート。そして、ボーカルがジュリエット。</strong></p> <p><strong>そのジュリエットが好きでよくステージ上で歌っていたのが、「スマイル」だった。</strong></p> <p><strong>ナット・キング・コールやマイケル・ジャクソンも歌った名曲だ。</strong></p> <p><strong>しかし、ニーノトリオは約30年前に解散した。ジュリエットが突然俺達の前から姿を消したのがきっかけだった。</strong></p> <p><strong>そして、その後俺は、音楽から一切離れて生きてきた。</strong></p> <p><strong>俺はキャロルの仲立ちもあって、解散以来初めてセスやロバートと再会した。</strong></p> <p><strong>そして、ジュリエットのためにニーノトリオを復活した。</strong></p> <p><strong>しかし、俺達にはそれぞれ拭い切れない過去の深いわだかまりが残っていた……。</strong></p>

About This Item

We aim to show you accurate product information. Manufacturers, suppliers and others provide what you see here, and we have not verified it.

この年になると、若い頃の後悔ばかりが頭をよぎる。

そして、やたらと不思議なことに遭遇する。いい年して、奇跡というものを信じたくなる。

もしかして、あれもそうだったのか。

当時、俺はアメフトのスタジアムの警備員として働いていた。

そして、ある日の夜、仕事帰りのパスカック・バレー線のセーカス・ジャクソン行きの電車の中で、見知らぬ少女に声をかけられた。

「おじさん、ニーノでしょ。ジャズ・ミュージシャンのニーノ・ウイリアムズ」

俺は困惑した。ジャズ・ミュージシャンだったのは今から30年も昔のことで、今の俺の知り合いでも知っている奴は、ほとんどいなかったからだ。

「私はキャロル。それじゃ、またね」

名前も顔も心当たりがなかった。

そして少女は、電車を降りて、そのまま群衆の中に消えていった。

次に少女と出逢ったのは、それから10日後のこと。

場所は自宅近くの教会のチャペル。そこで腕組みをしながら目を閉じて、時間を潰していると声をかけられた。

「おじさん、こんにちは」

それから俺達は、馴染みのカフェに行った。

すると、少女はそこで思いもかけないことを告げた。

少女はかつて俺が本気で愛したジュリエットの娘。

ジュリエットは1週間後のクリスマス・イヴに難しい手術を受けなければならない、と。

そして、それまでは面会謝絶で、手術が終えるまで会えない、のだと。

だから、手術の当日、病院の外から歌を歌って母親を励ましたい。

そのためにも、ニーノトリオを復活させてほしい、と。

**ニーノトリオはかつてアメリカのみならず、世界中で活躍した伝説のジャズトリオだった。**ピアノの俺の他、ウッドベースのセス、ドラムのロバート。そして、ボーカルがジュリエット。

そのジュリエットが好きでよくステージ上で歌っていたのが、「スマイル」だった。

ナット・キング・コールやマイケル・ジャクソンも歌った名曲だ。

しかし、ニーノトリオは約30年前に解散した。ジュリエットが突然俺達の前から姿を消したのがきっかけだった。

そして、その後俺は、音楽から一切離れて生きてきた。

俺はキャロルの仲立ちもあって、解散以来初めてセスやロバートと再会した。

そして、ジュリエットのためにニーノトリオを復活した。

しかし、俺達にはそれぞれ拭い切れない過去の深いわだかまりが残っていた……。

スマイル - eBook

Specifications

Read This On
Desktop,Ereader,Android,IOS,Windows
Is Downloadable Content Available
Y
Digital Reader Format
Epub (Yes)
Language
ja
Publisher
Kobo
Author
川﨑 キヨ
ISBN-13
1230002386690
ISBN-10
0002386690

Customer Reviews

Be the first to review this item!

Customer Q&A

Get specific details about this product from customers who own it.

Policies & Plans

Pricing policy

About our prices
We're committed to providing low prices every day, on everything. So if you find a current lower price from an online retailer on an identical, in-stock product, tell us and we'll match it. See more details atOnline Price Match.
webapp branch
Electrode, Comp-805471369, DC-prod-az-southcentralus-17, ENV-prod-a, PROF-PROD, VER-30.0.3-ebf-2, SHA-8c8e8dc1c07e462c80c1b82096c2da2858100078, CID-28df141d-31f-16f01b36677173, Generated: Fri, 13 Dec 2019 23:58:52 GMT